日々帳

140字で足りないつぶやき忘備録。

オリオンビアフェスト2017

オリオンビアフェストというのに行ってきた。会社の人に「行きますか?」と聞かれたので、どうせ田舎のお祭りのこと、ゆるっと始まってゆるっと終わるのだろうと思って、「行きます」と返事をした。

しかし聞くところによると、会場の近くは車が混雑するとのこと。別件で兄の家を訪ねていた私が、離れた駐車場に車を止めて歩くか、シャトルバスを使うかと迷っていたところ、兄は「おれの知り合いも行くと言ってたから、そいつに連れていってもらえば」と雑なことを言う。

いやあ、その人よく知らないんですけど。兄は「人に会うのが億劫で外に出たくない」「あいつが他の人に合流するまで一緒にぶらぶらできるなら行ってもいい」と、聞いてもいないのに、何やらめんどくさいことを言っている。

連絡をとってみると、知人はタクシーに乗ってひとりでお祭りに行くつもりだったらしく(行けば誰かしら知り合いがいるパターンなんだろうか)、その流れで、がぜん兄のほうがお祭りに行く気になり、「おまえ酒飲まないなら運転できるだろ」などと言ってくるのである。

早めに行けば駐車場も空いていると、さっそく兄の知人をひろって、運転にダメ出しをされながら会場にむかう。日がしずむ前はひともまばらで、車に偶然あったレジャーシートをかかえて芝生の適当なところに座り、ふたりはさっそく枝豆と唐揚げとビールで一杯はじめている。

にぎやかな演奏がおわると、うえち雄大という演歌歌手のステージがはじまった。柔らかく深みのある歌声。港にくだる坂道の飲屋街の、カラオケスナックに入り込んだような空気感。知人が「このくらいが(酒を飲むのに)いいね」とビールをかたむけながら、しみじみと言う。

トークのあと、うえちさんが「では聞いてください、次の曲は『伊良部大橋』」というと、兄と知人が「新曲だ」「新曲だな」と言い始めた。2015年に伊良部大橋が開通したことをかんがみると、少なくとも二年以内の新曲にちがいないのである。

次の出演バンドを待つあいだ「オリオンビアフェスにもチルアウトがほしい」という話になったが、思えばうえちさんが、いちばんチルアウトみがあったかもしれない。

このあたりで会社のひとと連絡がとれたので離脱した。今日くる予定のもうひとりと連絡がとれないだか、とってないだかで、ふたりでお仕事関連の人に挨拶まわりをしたあと、ビールと三ツ矢サイダーを買って芝に座ると、最後のバンドのステージがはじまろうというところだった。

f:id:mventura:20170805202633j:plain

ビアフェスのトリはディアマンテスというラテンバンドである。オリオンビールのCMとか、沖縄地方の天気予報のBGMに音楽が使われていて、地元にうとい私でも知っている有名バンドだ。

ステージが始まる前に「座ってお聴きください」とアナウンスが流れた気がしたのだが、演奏がスタートすると、ステージ前の若者たちは大盛り上がりでリズムにのりはじめた。ぱちくりして見ていると、ちかくに座っていた家族の子どもたちまでも踊っている。

おさない兄弟で踊りながら、おへそを交互に出し合って大笑いしているあたり、へんなツボにはまった感じがあるけれど、かわいかった。

ビアフェス、毎年こんなに盛り上がるんだろうか。島にここまでラテン音楽が浸透しているとは思ってもいなかった。ディアマンテスは盛り上がるだけでなくて、演奏も曲もとてもよくて、夏の夜に聴くのにぴったりだった。

f:id:mventura:20170805210724j:plain

アンコールまで楽しんだあとは、小規模だけど、夜空をかざる打ち上げ花火。遅れてきた会社のひともここらでようやく合流できて、「東京で花火見に行ったりしてました?」「隅田川の花火大会、中継で見た」「テレ東のやつですね」とかいう話をした。小さくてものんびり見れる田舎の花火は、とても良い。

お祭りが終わったあと兄から電話がかかってきて、おれら帰るけどおまえどうすんの、という。心優しい私はそんたくして、よっぱらい二人をのせて帰ることにしたのだった。

帰りの車で、昼のバンドのアフターライブがあるからおまえも行くかどうか今決めろと兄に二回いわれたので、今日はそういう日だとあきらめてつきあうことにした。ライブの前売り券をもらうときに、チケットを渡してくれたひとが、「きょう『勝利のうた』やったの? ディアマンテス見たかったんだよなー」と言っていたのが印象的だった。

f:id:mventura:20170805233759j:plain

喫茶店で時間をつぶしてから地下のお店へおりると、演奏はすでにはじまっていた。ロカビリーになるのかな。私の高校生のときもまわりはみんなオールディーズが好きだったな。このあたりが本当の地元の雰囲気なのかも。ビアフェスからの流れでライブは大盛り上がりだった。

お祭りがあけても余韻が残っていたので、運転中のBGMをラテン音楽にしようかと思って、とりあえず知っていたキューバの音楽をここのところかけている。キューバ音楽とてもよくて、南方系だからだろうか、労働者って感じが出勤中のBGMにフィットするんだろうか。

勝利のうた

勝利のうた

  • DIAMANTES
  • ポップ
  • ¥250

お祭りいったときはブログに書くつもりはなかったんだけど、帰って来てから、やたらとローカリティあふれる一夜だったな・・・と深くこころに沁み入るように思ったので、日記がわりに書いておこうと思った次第。

7月の風景 - 島編

f:id:mventura:20170731234832j:plain

f:id:mventura:20170731234846j:plain

f:id:mventura:20170731234923j:plain

ブログを書かないうちに7月が終わっちゃうなーと思って、あわてて投稿画面をひらいている。

写真をたくさん撮りたかったけど、梅雨にはいってしまって、あまり撮れなかった。
ヤギの写真ばかり撮っていた。梅雨があけるころ、ヤギが発情期にはいったので、ひんぱんに観察してしまった。ヤギの発情期にあったドラマチックな話は、また時間のあるとき別の機会に。

あと、車の免許をとった。はじめはまっすぐ走るのもあやうかったのだけど、今はわりとふつうに走れるようになった。実技も大変だったけど、筆記試験もなかなかあなどれなかった。

周囲のひとは、せっかくだから無職期間はゆっくり休んだら、と言ってくれたけど、3ヶ月くらいで不安にたえれなくて、条件のよい会社に面接にいったら通ってしまって、今はふつうに毎朝マイカー通勤している。

ブログに書きたいことはたくさんあるはずなのに、なかなか時間がとれないな。
お茶をにごすように撮りためた写真をアップしてみる、など。

f:id:mventura:20170731234855j:plain

スピリチュアルなドキュメンタリー映画をSF設定で読み解く

f:id:mventura:20170625225424j:plain

先日、スピリチュアル系のドキュメンタリー映画を観てきた。サイエンス・フィクションの視点で見ると大変興味深く感じられたので、忘備録までに書き残しておこうと思う。

続きを読む

ヤギの家族の話

f:id:mventura:20170614234920j:plain

帰郷したら、うちの近くの農家が飼っているヤギが大家族になっていた。母親がしきりに「子ヤギがかわいい」と言うのだが、ヤギはどうみてもかわいくない。いぬには喜怒哀楽があるし、ねこにも機嫌があるし、馬には哀愁がある。ヤギはなにか、は虫類的なまなざしをしている。

続きを読む

旅日記 沖縄

f:id:mventura:20170329141329j:plain

旅の日記は鹿児島まででおしまい。と思っていたけど、やっぱり書いておかないと後から記憶からすっぽり消えそう・・・ということで、忘備録的にもうちょっとだけ。

続きを読む

旅日記 九州:長崎、熊本、鹿児島

f:id:mventura:20170412225107j:plain

博多港発のフェリー太古は、深夜のうちに九州北西の玄界灘を通って五島列島に向かい、それぞれの島に乗客をおろしていく。明け方には五島列島中通島にある青方港について、しばらく停泊したあと、中通島若松島あいだを通って福江島をめざす。

続きを読む

旅日記 本州:京都、滋賀、広島

f:id:mventura:20170411001923j:plain
北吸トンネル (京都府舞鶴市

行きたいところにまとめて行く旅の二部は本州。小樽港から出港した船は、日本海を南にくだって一日強、翌日の夜には舞鶴港につく。

続きを読む