日々帳

140字で足りないつぶやき忘備録。

2014年振り返り ボーカロイド編

今年はちょくちょくランキングチェックしてて、夏が終わるくらいから、2014年ランキングやりたいなあと考えてました。というわけで。
 

2014 ボーカロイド10選!


少女と出会って物語が始まる。ボーイ・ミーツ・ガールな歌詞がたまらんです。
 

【title:星泣き vo.猫村いろは 曲:つこ(ウオアP)】

こういう猫村さんとても好きです。音作りとか、サビの盛り上がりとか。



かっこいい。ボカロ笑って話の流れのときに聴かせたい。ふだんボカロの話になることないけど。



夏っぽくて、夏のあいだずっと聴いてた。



世界は平面で、ちょっと傾けると日が長くなって、もう少し一緒にいれるかもしれない、とか。
毎回歌詞がSFっぽくて良いのです。



これも歌詞が好き。
今年ちょうど残響のテロル見てて、革命ってテーマ逆に新鮮なのかなと思った。



かわいい。ポップパンクっぽいのかな。ボカロにあんまりない曲調な気がする。



UTAUはエレクトロニカ作品が多くて嬉しい。
長いイントロもいいけど、ボーカル入るところも好き。



滲むような音、色、温度。keenoさん、歌詞とかいつもちょっと共感覚っぽい。



どことなく和風で、ポストロックっぽい音作り。ユキちゃんの暗めのウィスパーボイス好き。
私もピアプロでユキちゃんの絵ばかり描いているんですけど、タイトルひらがな五文字なんですよ。奇遇ですよね。(あやかりたい)

歌ってみた部門


原曲もいいけど、歌ってみたの声がとてもきれいだったので。



これは原曲もいいんだけど、こういう低い声にどうも弱いです。



蜜柑星Pさんはほんとにもう雨き声残響とかも良くて。
この曲は歌ってる人のハスキーな声が曲にあってる気がする。

2014 雑感

「アスノヨゾラ哨戒班」のPVと歌詞と曲は奇跡のレベルで良いです。

最近のボカロはすぐ小説化したりアニメ化したりして、そんなん、おっさんついていかれへんのよ(おっさんじゃないけど)と思うけど、でも気持ちはわかるなーと思う。私もボカロ聴きながら、この世界観好きだなあと思って、絵を描くきっかけになったりする。

あと、歌詞を聞いてしまうのに気がついた。ボーカルとかいらないよねと思ってたこともあったのに。
J-POPみたいな日常の恋愛の曲もあるけど(親に感謝みたいなのはたぶんまだない)、一編の小説みたいな、物語調になっているところがボカロ歌詞の特徴かも。

去年は10選とかやらなかったけど、やってたら「世界寿命と最後の一日」を入れてた。歌詞的にも。
いかん、だらだら書いてしまらなくなってきた。そしたら今年はこの辺で (・ω・)ノシ

来年はデジ絵描く環境を整えよう…。

f:id:mventura:20141231121025j:plain