日々帳

140字で足りないつぶやき忘備録。

考察

呪術的ノスタルジー

つらつら書く文章です。君の名は。を見に行ってすぐ感想を書いたのですが、そのあと映画評論家の町山さんの解説を聞いていたら、あれっ過去作いろいろ思い違いしてるかも…と思って、検証する余裕もないし、ひとまず記事を下書きに戻しました。

邦画について思うこと

時事ネタはなるべく書かないというのが、ブログを始めた時の決めごとだったのですが、今回は自分の思うところを整理する意味でもまとめようと思います。この記事を書いている間にいろんな時事的出来事があって、話題はすこし風化した観がありますが。邦画が…

森と歌う 空とつながる @ 河口湖ステラシアター

宿の大浴場の湯につかりながらぼんやりしてて、オブジェ効果という言葉を思いついた。何もない空間にオブジェをおいたとき、それによって空間の質感が決定づけられることがあるのではないか。

[考察]ホイッスラーと絵画の時間性

美術展の感想がいつも長くなるので、展示会感想とぐだぐだ書く雑感と分けることにしました。 ここはぐだぐだしている方の記事です。美術展の感想はこちら[感想]ホイッスラー展 | 横浜美術館 - 日々帳

[考察]なぜ日本では立体的な絵が描かれなかったのか

昔は日本で立体的な絵が描かれなかったのはなぜ?というまとめ記事を読んだ。 質問者は、たぶん美術に興味があって日本画も好きだけど、自分が絵を描く時の実感から、昔の日本の人はなんで立体的に描こうと思いつかなかったんだろう?と疑問に思ったのかなと…

[雑文]浮気性の女は純粋実践理性を思考するか

浮気性の女が浮気をやめるとき。:犬山紙子のイラストエッセイ常に数人の男性との関係を維持している浮気性の女性は、いっけん自由に生きているように見えるが、18世紀ドイツの哲学者カントによれば不自由である。なぜなら彼女は「欲にまみれた男の目で見ら…

[雑文]だって人間だものって言うときは、だいたい言い訳

虫には痛覚がないんだという話を見た。 生命の期間が短いから、痛みで命の危機を避ける必要がないんだそうだ。 でも、命の長い魚にも痛覚がなくてそれはどうなんだってコメントがあった。

生贄の歴史 :: ディスカバリーch

ニュース - 文化 - 古代インカ、生贄の子らは薬物漬け - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ)読むに辛い記事だったのでためらいつつも、コカやチチャについてなどの情報もあったのでブックマークしたのだけど、あとから沢山のブック…

本歌取りとサブカルチャー

ロコローションとオールディーズ ORANGE RANGEのロコローションを初めて聴いた時、思わずクスッとしてしまった記憶がある。 カイリー・ミノーグのロコ・モーションが元ネタだという人もいるけれど、私が知っているのはリトル・エヴァの方で、メンバーたちも…

感覚の位相と互換性

感覚の位相と互換性 私は絵を見る時に、その感覚を音楽を聴く時のものに置き換えてみる、という見方が好きで、逆に、音楽から造形を想像するのも楽しい。 そのことについて書きたいと思っていたところ、共感覚という言葉を知った。

チャペルコンサートと神の遺伝子

先日、品川教会のチャペルコンサートに行ってきた。クリスマス前の教会コンサートということもあって、いつになく厳かな雰囲気にふれ、いろいろ考えたので書き留めておく。